大羽快ブログ内漫画/1G1A 「謝罪会見」

あまりに会見の種類や回数が多く話題になる為、思わずネタにしてしまいましたが、実際被害にあったり、傷ついたりした方がいるので、決してその部分を茶化しているわけではありません。

個人的な思いとして今回のアメフトと少し前のレスリングの騒動で共通してどうしても気になるのは、その競技で高い地位にあって大きな権力を持った方々が「自分の身内や同じチーム以外の選手」はどうなってもいいと考えているようにしか見えないふしがあるところです。
おそらく元々その競技が好きで始めて、その競技に携わることで高い地位や権力を得た、いわばその競技に活かされている方々のはずなのに・・・
ライバルチームや所属が違っていてもスター選手が出てくれば、その競技が注目され、盛り上がることになると思うのですが、そういう純粋な愛情がなくなってしまっているようにしか見えないのは、悲しいし怖いことです。







  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。